shimaichiwawa01


vol.15 愛犬のしゃっくりを止めよう!


犬って、しゃっくりをするんだ…。
愛犬チワワの「しゃっくり」に初めて気付いたとき、ちょっと驚いた。

犬のしゃっくりの原因は、人間と同じく横隔膜が痙攣して起こる。生理現象なので、基本的には気にしなくても良いらしい。しかし場合によっては、私たち飼い主が注意してあげなくてはいけないパターンがあるようだ。

ということで、今回は犬のしゃっくりについて。
気を付けなくてはいけない原因と止め方病気の可能性について詳しくまとめました。特に危険がない場合のしゃっくりが続く時の効果的な止め方も紹介するので、気になる方は試してみて下さい。

水を飲ませる、という止め方もあるそうですが、個人的にはあまりおすすめしません。理由はのちほど!

スポンサードリンク

犬のしゃっくりの原因と止め方

犬がしゃっくりを起こす原因は、主に3つ挙げられる。それぞれ、原因と対策(止め方)をまとめました。

  • 食事
  • ご飯をあっという間に平らげてしまう早食いの子は、しゃっくりを起こしやすい。
    また、フードの量や硬さが愛犬の体に合っていない時にも起こる。

    給餌量を見直したり、早食い防止のフードボウルを使うなどして、愛犬がゆっくりご飯を食べられるように工夫してみよう。それでも止まらないようなら、カリカリフードをふやかすのも対策の一つ。

  • 精神面
  • 意外かも知れないが、精神的な不安やストレスからしゃっくりを起こすことがある。
    子犬を迎えてすぐの頃や、引っ越しをした後など、生活環境が変化した時は注意してもらいたい。

    優しく声をかけてたり、撫でてあげたりして、早く愛犬の気持ちが落ち着くように気遣ってあげるのが一番。

  • 温度
  • 寒い季節になると、低体温が原因で犬がしゃっくりをすることも。
    頻繁に起こるのであれば、愛犬が過ごすスペースが寒すぎる可能性がある。

    暖房を調節したり、犬用ヒーターを使ってあげるなどして、愛犬の体を温めてあげよう。

寝ている時にしゃっくりするのは?

犬は寝ている最中にも、しゃっくりみたいな動きをすることがある。

Maruも時々、寝そべりながら体をビクッビクッと小刻みに震わせることがあり、しゃっくりかな?と思ったが、どうやらこれはしゃっくりではないらしい。

よ~く観察してみると、痙攣というよりも、口の中でもごもごと吠えている感じ。
これは夢の中で吠えているようで、いわゆる「寝言」を言っているのと同じ。犬も人間と同じで、睡眠時はレム睡眠とノンレム睡眠があるらしく、眠りの浅いレム睡眠中にはこんな様子を見せることがある。
初めてこの様子を見たとき、「なにかの痙攣!?発作!?」と慌てたものです。それが単なる寝言だったとは…。

スポンサードリンク

病気が原因でしゃっくりすることも?

給餌量などを見直しても改善しないなど、愛犬がしゃっくりを繰り返すようであれば、何らかの病気が原因になっていることがある。

考えられる病気には、こんなものがある。

  • 呼吸器系
  • 呼吸器の欠陥、喘息、肺炎

  • 心臓周辺
  • 心膜炎、心臓病、心臓肥大

  • その他の原因による
  • 寄生虫による腸内異常、胃捻転、脳卒中、てんかん、誤飲や誤食

迅速な対応が必要な病気もあるので、たかがしゃっくり、と侮るのは危険だ。

長時間しゃっくりが続いたり、咳や嘔吐、呼吸を苦しそうにする、何かを吐こうとするような様子があれば、早めに動物病院を受診しよう。
しゃっくり中の姿を動画に撮っておくと、獣医師さんに症状を伝えやすいのでおすすめです。

犬のしゃっくりが止まらないときは…

IMG_5146
[Maruも子犬の頃はしゃっくり魔だった]

犬のしゃっくりは、何もしなくても数分ほどで止まることがほとんど。
とは言っても、見ていると苦しそうな気もするし、止め方があるなら早めに止めてあげたい…という気持ちになってくるもの。

ということで、愛犬のしゃっくりが止まらない時は、この方法を試してみよう。


みぞおちに刺激を与える

愛犬のみぞおちの辺りを、手のひらでゆっくり抑える。
これを数回繰り返す。体を起こした状態のほうが止まりやすいので、お座りをさせるなどして行ってみよう。

喉や胸のあたりを優しく撫でるなど、マッサージをするのも効果的。

水を舐めさせる

水を飲ませるのが良い、という話もあるが、愛犬チワワにこれをさせて盛大に咳き込まれた経験がある。なので、「水を飲ませる」のはあまりおすすめはしません。

そもそも、人間でも「水を飲むとしゃっくりが止まる」なんて説があるけど、あれは迷信らしい。
正確には「ゆっくり」水を飲むことで、横隔膜の緊張をやわらげることに効果があるようだ。とは言っても、犬にゆっくり飲め、というのは難しいところ。

おすすめなのは、人間の指に水を付けて舐めさせるというもの。これだと咳き込むこともないし、安心。
うちの子はこれで止まることが多いので、試す価値はあると思います。

愛犬の注意を引く

しゃっくりが止まらないと、犬自身もしゃっくりに集中して、余計に止まらないという悪循環になりやすい。

これを防止するために、大好きなおもちゃで遊びに誘ったり、おやつをチラつかせたりして、愛犬の気を引いてみよう
「あっ、おやつ!!」とテンションが上がることで、しゃっくりが止まる、なんてこともあります。これはうちの子で経験済み。

犬にとってもしゃっくりは不快?

人間でもしゃっくりがすぐ止まる時と、しつこく長時間続くことがある。
それは犬も同じようで、なかなかしゃっくりが止まらなくて、不快そうな顔で「ヒクッ、ヒクッ」としている姿をたまに見かける。
そんな時は、今回紹介した方法を試してみて、愛犬のしゃっくりを止める手助けをしてみよう。

スポンサードリンク


次回 >> vol.16 (執筆中)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でwandoをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
まるまむ

まるまむ

初めて迎えた愛犬チワワのMaruと暮らしながら、犬の幸せについて日々考えている。 愛犬の肉球の香りが、世界で一番癒される香りらしい。