shimaichiwawa01


vol.11 小型犬チワワを迎えた費用(初年度編)


犬を飼うのにかかる費用って、具体的にどれくらいなんだろう。

意外と気になっている人が多いようなので、小型犬のチワワを迎えるにあたって、我が家で実際にかかった費用をまとめてみることに。

生体費用以外にかかる初期費用、初年度の諸費用は、こんな内訳になりました。あくまで我が家での場合ですが、参考になれば嬉しいです!

犬を飼う初期費用はいくら?

先住犬がいるなど、ある程度犬を飼う環境がある場合は別にして、私のようにイチから犬を飼う準備をすると…。これくらいお金がかかった。


準備にかかる費用

※分かりやすいように、金額の端数は省いております。

初期費用1
ペットサークル(ケージ)や首輪など、必ず必要になるグッズを揃えた。
爪切りやブラッシング用のコームなども、早いうちから慣らせるために先に揃えておく。

初期費用2
消耗品については、なくなったら同じものを買い足していくことに。
あと、実際に子犬を迎えてから必要だなと気付いた物も多くて(夏の暑さ対策アイテムなど)、ちょこちょこと買い足していった。

もちろん、犬種によっては不要なアイテムもあるし、削れるものも色々とあるように思います。やっぱり、初めての愛犬となると財布の紐がゆるむもんですね…(´-`)

犬を迎えるために、最低限必要なアイテムについてはこちらの記事を参考に。
→ 関連記事「犬迎える初日までに必要なもの、そうでないもの」


まずは準備段階の合計で、67,900円。
ネットなどで調べてみると、犬を迎えるために用意するグッズ類の平均は2~3万という話も聞くけども…我が家の場合は、それを大幅に上回りました。(滝汗)

個人的にはどれも必要と感じたアイテムばかりなので、予算は多少の余裕をもって、準備しておくのがいいかも知れないです。

スポンサードリンク

犬を飼う追加の初期費用(ワクチンなど)

必要なアイテムを揃えて、子犬に家に迎えて…。そこで終わりではないので、油断は禁物。狂犬病予防接種や混合ワクチン、去勢・避妊手術など、まだまだ出費は続きます。


子犬を迎えた初年度にかかる費用

最初の1年間にかかる、グッズや消耗品以外の費用にはこんなものがある。

犬の飼い始めに必要な費用


  • 畜犬登録費用 3,000円

  • 狂犬病予防接種 3,250円
  • (狂犬病ワクチン2,700円+交付手数料550円)

  • 混合ワクチン接種 16,000円
  • (うちの場合、9種混合ワクチン8,000円×2回)

  • 避妊手術 45,700円
  • (手術費、入院費、検査費用等込み)

      合計 67,950円

去勢・避妊手術に関しては、受けるかどうかは飼い主さん次第。でも、その他の予防接種等は必ず必要になる出費なので、しっかり予算に組み込んでおいてほしい。

初めて犬を飼う費用の合計は…

IMG_4589
[うさぎのおもちゃと一緒にお昼寝中]

私が小型犬のチワワを迎えた年に、実際にかかった初めて犬を飼うのにかかる費用は…

  • 初期費用 67,900円
  • 初年度の諸費用 67,950円

合計 135,850円


でした。
言うまでもなく、これに犬の生体費用(購入価格)は含まれていません。

当時は、念願叶った犬との暮らしにウキウキしていて、現実的なことはそこまで気にしていなかったけど…結構、かかってたんだなあ…(´-`)


またこの他に、特に「子犬を迎えよう」と思っている方に検討してもらいたいのが「ペット保険」の存在
まだ出費があるの!?と思うでしょうが、これが意外と私達の財布を守ってくれることもあるので、知っておいて損はないと思う。

スポンサードリンク

ペット保険。子犬期に加入するメリット

愛犬Maruを迎えるまで、ペット保険の存在を知らなかった私。

ペット保険の概要を一言で説明すると「ペットが怪我や病気をしても、保険が下りるよ」というもの。人間のように健康保険が存在しないので、犬が病院にかかると100%自己負担になる。

飼ってみてよく分かったが、結構痛い出費だったりする。軽く風邪引いて、診察・お薬貰うだけで5,000円とかね…


Maruを引き取るとき、ブリーダーさんに「最初の1年だけでも、ペット保険に入ったほうがいい」とアドバイスされた。
その理由は下記のようなことで、私もなるほどと納得して加入しておいた。

  • 子犬期は体力が付いておらず、すぐ体調を崩しやすい
  • やんちゃなので、落下や衝突などの不慮の事故が起きやすい
  • おかしい、と感じたときに病院に連れて行きやすい

確かに、犬を飼うのが初めてだった私からすると、子犬の様子がちょっとでも変だと病気を疑ってしまう。

そういう時、全額ではないが「病院代に補助が出る」と思うと、ちょっとしたことでも気軽に病院に連れて行こうと思える。
愛犬の安心と安全を考慮するなら、子犬の間だけでもペット保険に加入するのはおすすめだ。

犬を飼うのはお金がかかる。でも…

犬を飼うとき、きっと誰もが気になるのがその犬の値段(生体費用)なんだろうけど、それと同じくらいの諸費用が同時に発生することもある。

お金をかける事が愛情ではないけれど、愛犬の健康や安全に考慮して、それなりの出費は覚悟してもらいたいな、と改めて思ったのでした。

スポンサードリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でwandoをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
まるまむ

まるまむ

初めて迎えた愛犬チワワのMaruと暮らしながら、犬の幸せについて日々考えている。 愛犬の肉球の香りが、世界で一番癒される香りらしい。