dog0237 ある夜、仕事から帰宅すると、愛犬のペットシーツに赤い染みが…

まさか、血尿!?

そんな事は初めてだったので、慌てふためきながら「犬の血尿 原因」とネットで調べまくる僕。愛犬は元気そうだったので、翌朝に動物病院へ連れて行きましたが…大事には至らずホっとしました。

僕たち人間でも、血尿に遭遇するなんてことは、そうそう起こりません。

もしも突然、愛犬が血尿を出すことがあったら…
どんな原因や病気を疑えばいいのでしょうか。

ということで今回は、愛犬の血尿の原因や疑われる病気について、詳しくお話していきます!

スポンサードリンク

犬の血尿の原因は?

犬のウンチは健康のバロメーターと言いますが、それもおしっこも同じ。
尿に異常が見られるときは、愛犬の体のどこかで、異常が起こっている可能性があります。

愛犬に血尿が出たとき、考えられる病気にはこんなものがあります。


尿路結石

まず最初に疑われるのが、尿路結石です。
尿道や膀胱に結石ができて、それが尿道や膀胱を傷付けてしまい、血尿が出ます。

結石が大きくなり、尿の通り道を石が塞いでしまうと…おしっこが出来なくなります。
そうなると、腎不全や尿毒症、膀胱破裂などの深刻な病気を引き起こす可能性が高くなりとても危険です。

血尿の他に、トイレの回数が増える、または排尿の体勢をとるのにおしっこが出ない、などの様子が見られたら、早急に動物病院を受診して下さいね!


膀胱炎

細菌感染やストレスにより、膀胱が炎症を起こす病気です。
オスよりもメスの方が尿道が短いため、細菌に感染しやすく、膀胱炎になる可能性が高めです。

発熱や食欲がない、お腹を触ると痛がる、の色が濁ったり、尿のにおいがキツくなるなどの症状があります。

膀胱炎は少々厄介な病気で、膀胱炎が他の病気(暴行結石や尿路結石)を引き起こす原因になることも少なくないようです。


オス犬なら急性前立腺炎も

これは尿道から菌が入り、炎症を起こす病気です。

熱っぽかったり、食欲がない、尿が出にくいなどの症状が見られます。
また、下腹部に痛みを感じる場合が多く、触ろうとすると犬が怒ることが多いようです。

この病気が原因で血尿が出るのは、症状がかなり進行している証拠。
老犬のオス犬に発症が多く、更に未去勢の場合には、発症率がグンと上がっている傾向があります。

スポンサードリンク

血尿にはこんな原因も!?

食べ物による中毒症状

タマネギなど、犬にとって毒になる食べ物を食べた場合、中毒症状によって、貧血や血尿を引き起こすことがあります。

犬が中毒を起こす食べ物

タマネギ、長ネギなどのネギ科の植物、ニラ、にんにくなど

これらに含まれる「アリルプロピルジスルファイド」という成分によって、犬の血液中の赤血球が壊されます。

中毒症状は食べた直後よりも、2~3日後に起こることが圧倒的に多く、飼い主さんも原因に気付きにくい場合があります。
血尿が出た数日前に、これらの食べ物を食べた可能性があるときは、それを忘れずに獣医師さんに伝えましょう。


ヒート(生理)のとき

避妊手術を受けていないメス犬の場合、半年に1回程度起こる生理の血液が、尿に混じっていることがあります。
この場合は、血尿というほど鮮やかな赤色ではなく、少し茶色っぽい色の尿になります。

生理による血尿(のように見える状態)なら、病院へ連れて行かなくても大丈夫です。
生理中はデリケートになりやすいので、なるべくそっとしておき、リラックスさせてあげましょう。

血尿後に元気でも、病院へ行こう

dog84 愛犬が血尿を出したときは、放置せずに動物病院へ連れて行くことが何より大切です。

その時に、獣医師さんに伝えるポイントはこの8つ!

  • 血尿の色(赤、赤茶色、オレンジ色など)
  • おしっこの普段の回数から変化はあるかどうか
  • 排尿時に痛がるような様子はあるか
  • 水をいつもより飲むようになっているか
  • 食欲の変化はあるか
  • お腹を触ろうとすると嫌がる、怒る様子はあるか
  • 嘔吐、発熱、下痢や便秘の症状はあるか
  • 去勢手術の有無

受診時に、血尿が出たときのペットシーツなどを持参すると良いと思います。

ストレスが原因で血尿に?

冒頭に書いた、僕の愛犬の血尿の原因は…なんとストレスでした。

正確には、ストレスによって免疫力が落ち、膀胱炎になってしまったようでした
ストレスの原因は明白で、少し前に引っ越しをしていたんですよね。

環境の変化に戸惑ったのか、僕が帰宅するまでオシッコを我慢していたり、飲む水の量もなんだか減っているような様子はありました。そういった小さな積み重ねで、膀胱炎を起こしてしまったのだと思います。

処方薬のほかに、帰宅時間を早めるなど、愛犬のストレスを和らげるように心がけてから、割と早い時期に血尿は治まりました。よかったです…。

愛犬の尿の色や量をチェック

犬が血尿を出すのは、体のどこかに異常があるというSOSサインです。
すぐに血尿が治まったから…と油断せず、血尿が1度でも出た場合には、まず病院へ相談するのが愛犬のためだと思います。

その為にも、普段から愛犬のオシッコの量や色をチェックする癖をつけることをおすすめします。

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でwandoをフォローしよう!