shimaichiwawa01


vol.10 お腹を出して、しつけの壁を突破せよ!


愛犬が、言うことを聞かない。
「オスワリ」や「マテ」も、気が向いた時にしか聞いてくれない…

しつけには「信頼関係が必要」って聞くけど、それってどうやって作るのよ?


今回はそんな「しつけの壁」を感じたときに、実際に私が効果的だなと感じた「リラックスポジション」について、詳しく書いていきたい。
愛犬のしつけがうまくいかなくて悩んでいる飼い主さんは、一度試してみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

犬のしつけは服従?信頼?

「犬のしつけには主従関係が必須で、服従させることが大切だ」
ひと昔前には、テレビや本では、よくこんなことが言われていたと思う。

とは言っても、言うことを聞かないからといって叩いたり、ちびってしまうほど強く叱る教育方針には、個人的にちょっと…と思っていた部分もある。


そんな犬のしつけ方法は、今はちょっと変わってきているそうだ。
今、犬のしつけを行うために一番必要なのは、主従関係ではなく「信頼」関係なのだとか。


犬との信頼関係としつけ

愛犬が、私たちのことを「信頼できる存在」と認めてくれれば、自分がイヤだと思うことも受け入れてくれるようになる。

「オスワリ」や「マテ」などのコマンドもすんなりと聞いてくれるし、爪切りなどの嫌なお手入れも我慢してくれるようになる。


そんな愛犬との「信頼関係」を築くために、効果的なトレーニング方法がコレ。

IMG_7032
[腹毛がもっさりしています。]

これは「リラックスポジション」というそうだが、いわゆる「犬にお腹を出させる」トレーニングです。

実はこれが思った以上に、愛犬のしつけに効果を発揮したのだった。
ただ、仰向けにしてお腹を見せさせるだけ…と思いきや、これには色々と深い意味があるようなのだ。

リラックスポジションの効果とやり方

リラックスポジションって?

犬の服従を意味する「仰向けの恰好(お腹を出させる)」を飼い主さんの手で取らせ、犬がそのまま抵抗せず身をゆだねてリラックスし、飼い主さんの判断で解放すること。

犬を落ち着かせ、信頼関係を築く。同時に、飼い主が主導権を握ることで、主従関係も示すことができる。

犬にとってお腹は最大の弱点であり、それを見せるのは「服従」を意味する。
飼い主さんを信頼していると、その弱点を見せていても、犬は「この人がいるなら平気かな~」と安心(リラックス)できるようになるという話だ。


リラックスポジションをやってみよう!


  1. 飼い主さんが足を伸ばす体勢で座る。両足は閉じておく。
  2. 足の上に、犬を仰向けの状態で寝かせる。
  3. ※大型犬など、体の大きい子は少し足を開いて、足の間に寝かせるような形にしよう
  4. 犬の前足の肘の部分を、手で覆って固定する。


最初はめちゃくちゃ嫌がるので、驚かないように。
バッタンバッタンと暴れて、なんとかして逃れようとするので、全力で阻止して下さい。人間で言う「肩の部分」をがっちりホールドすると、逃げられにくくなるのでオススメ。

逃げることを許してしまうと、「暴れれば逃げられる」と犬も学習する。そうなると、次からはもっと暴れるようになってしまう。

逃げてしまった時は、すぐにリラックスポジションをやり直して、飼い主さんが手を放すまで、じっとしているように覚えさせるの大切だ。

スポンサードリンク

愛犬を仰向けにさせておくポイント

常に押さえつけるのではなく、動こうとしたタイミングにだけ力を加えること。
「大丈夫だよ~」と声を掛けたり、お腹を撫でたりして、犬の緊張をほぐすことを心掛ける。
噛んだり唸ったりしても、出来るだけ無視する。叱ることでパニックになる子もいるので、慎重に。


この体勢を完全に受け入れるようになると、支えている手を放しても、仰向けの体勢のままじっとしているようになる。
こうなったら、飼い主さんへの信頼がアップしている証拠だ。
そのまま、足の先に触ったり、口元に触ったり、体の色々な部分を触ることに慣らしていこう。

リラックスポジションのまま、愛犬がうとうと眠ってくれるようになったら大成功!心を開ききっているので、喜びましょう。

仰向けでお腹を出させる効果

IMG_8387
[普段からヘソ天で寝ています。]

このリラックスポジションのトレーニングは、パピーパーティや、しつけ教室でもよく行われているらしい。

実際に、愛犬チワワをしつけ教室に連れて行ったとき、まず最初に教えられたのがこのリラックスポジションだった。


それまで、Maruがお腹を出して寝ていることもあったし、甘えたい時などに、仰向けにゴローンとすることはよくあった。なので「うちの子は、お腹出すのなんて朝飯前ですよ」くらいの気持ちだったのだが…。

いざ、しつけ教室でリラックスポジションを取らせようとすると、抵抗するわ暴れるわの残念な結果に。

犬が自発的にお腹を見せることと、飼い主の手で強制的にお腹を出させることは、決定的に何かが違う、と学んだのでした。


愛犬チワワの場合

ということで、しつけ教室の後から、積極的にMaruをリラックスポジションにさせるようにした。

仰向けの体勢のまま、逃げも暴れもしないようになってくると、不思議と普段の行動も変わってきたので驚き。

「マテ」「オスワリ」などのコマンドがよく効くようになったし、口元や手先を触っても以前ほど嫌がらないようになった。
これが信頼関係ってやつか…と、しみじみとその大切さを実感したのをよく覚えている。

DSC01656
[ほんとは嫌だけど…この体勢でガマンするよ]

うちでは、歯磨きや爪切りはこの仰向けスタイルで行っている。ちょっと顔を背けたりして、イヤイヤアピールはするが、仰向けのまま動こうとしないとはとっても偉い!と思う。

犬にとっては「嫌なこと」を、一番無防備な姿でガマンしてくれるのは信頼の証なんだろう、と個人的には思っています。

リラックスポジションのポイント

慣れないうちは必死に逃げようとするので、心が折れてしまう飼い主さんも少なくないのがこのトレーニング。

失敗を防ぎ、成功させるポイントをまとめておきました。

  • 短時間から始めよう
  • どんな犬でも、最初は嫌がるもの。時間が長くなるほど難易度が高くなるので、最初は30秒、次は45秒…と少しずつ延ばしていこう。


  • 最初は、疲れている時を狙ってみる
  • 元気で体力が有り余っている犬は、動きたがる。たっぷり遊んで、ヘトヘトに疲れた頃を狙ってみると案外うまくいきます。


  • 飼い主さんもリラックスする
  • 「大丈夫かな~暴れると困るなあ」と緊張していると、それは犬にも伝わる。
    できるだけ人間もリラックスして、大らかな気持ちでやってみよう。


  • その他、注意点など
  • 本気で噛む犬は避ける。こんな子は、まずその噛み癖を治すことが先決。
    出来る限り、毎日続けること。そして、暴れても絶対に逃がさない。逃げたらやり直し!


最初のうちは、「こんなので効果があるのか?」と思うかも知れない。
でも、うちの子に限って言えば大なり小なり変化が現れたので、何もしないよりマシだと思う。
まずは1日1回、30秒から。始めてみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でwandoをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
まるまむ

まるまむ

初めて迎えた愛犬チワワのMaruと暮らしながら、犬の幸せについて日々考えている。 愛犬の肉球の香りが、世界で一番癒される香りらしい。