dog52 愛犬の口のまわりや、足指の間が赤くかぶれていたり、とても体を痒そうにかきむしっているなら…「マラセチア」による皮膚炎を起こしているかも知れません。

このマラセチア皮膚炎は、かかる子が比較的多いうえ、治っても再発しやすいというちょっと厄介な皮膚炎です。
今回は、そんな犬のマラセチア皮膚炎について詳しくお話していきます。

症状の特徴や治し方、再発防止のコツなどをまとめましたので、愛犬の突然のカイカイに悩む飼い主さんは、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

マラセチア皮膚炎とはどんな病気?

「マラセチア」は、生き物の皮膚や耳の中に住んでいる常在菌の一種のこと。
正常な皮膚にいる真菌(カビの一種)なので、健康な皮膚の状態を保っていれば、特に悪さはしてきません。


犬がかゆがる原因は皮膚炎かも

もともと、常在菌であるマラセチアそのものに問題はないはず。
ですが、何らかの原因で異常繁殖してしまうことで、皮膚炎を引き起こしてしまうようです。

マラセチアが増殖する原因は、この二つに分けられます。

  • 1.皮脂の分泌量が増えているとき
  • マラセチアが繁殖するには、栄養である皮膚の「皮脂」が欠かせません。

    • 梅雨や夏などの湿度の上がる季節
    • もともと皮脂が多い犬種
    • 何らかの原因で皮脂が多い状態が続いている(脂漏)

    こんな要因によって皮脂の量が増え、マラセチアがどんどん増殖して、皮膚炎を引き起こしてしまいます。
    対策についてはこのあとお話しますが、まずはワンちゃんの皮膚・被毛を清潔に保つことが必要不可欠ですね!


  • 2.抵抗力、免疫力が落ちているとき
  • アトピーや、他の皮膚炎によって抵抗力が落ちているとき。
    または、体調不良やストレスなど、何らかの原因で犬の体の免疫力が落ちてしまった場合。

    こんな時にも、マラセチアが異常繁殖することがあります。

    また、皮膚上に繁殖したマラセチアそのものにアレルギー反応を起こして、更に皮膚炎を起こすというパターンもあるようです。
スポンサードリンク

マラセチア皮膚炎の症状は?

愛犬がやけに体をかゆがる素振りがあったら、こんな状態はないか観察してみましょう。
  • 皮膚のかゆみ、赤み
  • 脱毛
  • べとつき
  • 独特のにおい(少し酸っぱいような甘い発酵臭)
  • 脂っぽいフケが出る

マラセチアはじめじめした場所を好むので、きれいにしておくのが難しい、皮脂が溜まりやすい部分で増殖する傾向があります。

マラセチア皮膚炎になりやすい部分

口のまわり、あご下、耳の中、脇下、内股、お腹、指の間、肛門の周り

この部分に赤みがあり、愛犬が痒がるようなら、マラセチア皮膚炎が怪しいと考えましょう。


なりやすい犬種はある?

マラセチア皮膚炎が圧倒的に多いとされるのが、シーズー犬です。

その他にも、皮脂の多い犬種や、ホルモン疾患・アレルギー性皮膚炎が多くみられる犬種が、マラセチア皮膚炎になりやすいようです。

<マラセチア皮膚炎になりやすい犬種>

キャバリア、コーギー、柴犬、ダックスフンド、プードル、チワワ、バセットハウンド、コッカー・スパニエル、パグ、ウエスティー、ビーグル、ポメラニアン、マルチーズ、フレンチブルドッグ、レトリバー種

犬種に限らず、体質的に皮膚が弱い子もなりやすい皮膚病なので、注意深く診てあげてくださいね。

治し方や治療法は?

dog45 基本的には、内服薬とシャンプーの二本立てで治療していきます。
かゆみなどは早いうちに治まりやすいですが、しっかり治療するには一ヶ月ほどは必要。根気強く続けていきましょう。

  • 内服薬
  • 抗真菌剤や、抗生物質を使います。
    アレルギーの疑いがある場合は、少量のステロイド剤を併用することも。

  • 薬用シャンプー
  • マラセチア菌の増殖を止め、減らす作用のあるシャンプーを使います。
愛犬のマラセチアや皮膚トラブル!おすすめ薬用シャンプー4つ!
皮膚の弱い子や、フケの出やすい子など、ヒフトラブルに悩む子は自宅でのシャンプーは欠かせません。そんな愛犬の皮膚トラブルの解消の助けに…(続きを読む)

マラセチアの再発を防ぐ!3つのコツ

マラセチア皮膚炎は、治療後の再発率が高い病気でもあります。
治った~と思って安心していたら、数か月後に再発…なんてことも。

再発を防ぐために、飼い主さんが気を付けておきたいことは主にこの3つです。


皮膚や被毛を清潔に保ってあげる

定期的なシャンプーで、余分な皮脂を取り除いてあげます。
毎日だとやりすぎですが、その子の皮膚の状態に合わせて考えていく必要があります。詳しくは獣医師さんと相談を。

湿気に気を付ける

梅雨や夏など、どうしても湿気が多くなる季節はエアコンなどで湿気対策をしましょう。

愛犬の免疫力を上げる

体の免疫力が落ちると、皮膚のバランスが崩れやすくなりがちです。
普段から、愛犬の身体の免疫力を底上げする工夫をしてあげます。

  • 普段の食事に気を付ける
  • ドッグフードの質を少し上げてみたり、治療期間だけ手作り食にしてみるのも。
    アレルギーの可能性がある子は、アレルギー用のフードも活用しましょう。

  • 腸内環境を整える
  • 免疫力アップには、人間と同じく腸を健康にすることが大切。
    ヨーグルトや発酵食品などを、少量与えてあげましょう

  • ストレスを解消させる
  • 過度なストレスは、愛犬の体の免疫力ダウンに繋がります。
    ストレスを溜めさせないのが一番ですが、お留守番などは避けられないもの。
    スキンシップの時間をたくさん取ったり、休日に目一杯遊んであげるなどして愛犬のストレスを解消させましょう。

愛犬が体をかゆがる様子があったら…

もしかしたら、マラセチアかも?、といった疑いがある時には、まず一度動物病院で診てもらうことが大切です。

マラセチアっぽい症状が出ていても、実は内臓疾患が原因だったり、別のアレルギーによる皮膚炎だったという事もあります。

体が痒くてたまらないのは、人間も同じですよね。
言葉に出来ない愛犬たちに、いち早く気付いてあげるのは飼い主さんの役目でもあります。
病院での診断結果や、シャンプーを上手く活用して、愛犬の「うーっ、かゆい!」が早く治まりますように。

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でwandoをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
犬山 はる子

犬山 はる子

パピーウォーカーの経験から犬に関心を持ち、犬の問題行動やストレスケアについての知識を深める。 現在は3頭の犬と暮らし、犬が与える癒しのパワーに日々お世話になっている。