dog251 飼い主さんが家に帰ると、尻尾を振り乱して、目をキラキラさせて迎えてくれる愛犬の姿は嬉しいものです。

「わぁぁ!おかえり!おかえり!!」と、大興奮でお出迎えしてくれるのは嬉しいですが、気が付くと足元が濡れている…。そう、これが「うれしょん」です。

要は「おもらし」のようなものなのですが、普段はトイレを覚えておしっこをしてくれる子でも、突然こうしてうれしょんしてしまうのは、何故なのでしょうか。

という事で今回は、愛犬のうれしょん行動について。
うれしょんしてしまう理由や原因と共に、正しいしつけによる治し方をご紹介します!

スポンサードリンク

なぜ犬はうれしょん(嬉ション)するのか?

犬にとっての嬉しさや楽しさ、喜びのあまり、興奮状態になっておしっこを漏らしてしまうことを、うれしょん(嬉ション)と言います。

大好きな人に撫でてもらった時や、遊ぶうちに、はしゃぎ過ぎた時などに見られます。膀胱におしっこが溜まっていなくても、ちょっとだけ出てしまうのも、特徴のひとつです。



この動画のポメラニアンちゃんも、来客が大好きな人と分かって…うれしょんしちゃいました。警戒感MAXから、いきなりデレッと甘える姿が可愛いなあ~。


いわゆるトイレ以外の場所で排泄してしまう「おもらし」とは少し異なり、うれしょん行動は甘えと服従を意味しているとされます。

子犬の時期のうれしょん行動はよく見られるため、それほど神経質になる必要はないと思います。何にでも興味を示してすぐに興奮してしまうのが子犬なので、大人になるまでは長い目で見てあげましょう。


ただ、問題行動として多くの飼い主さんが悩んでいるのは、成犬になってからのうれしょん行動です。
精神的にも成熟しているはずなのに、成犬になってもうれしょんしてしまう子には、どんな原因があるのでしょうか。

スポンサードリンク

うれしょんが起こる原因や理由

喜びのあまりにうれしょんしてしまう、この行動の最大の原因は「興奮状態」にあります。
普段から興奮しやすい子は勿論ですが、その他にもこんな性格の子は、成犬になってもうれしょんが続くことがあります。

  • 飼い主さんに依存している子
  • 精神的に弱い、不安定な子

該当するワンちゃんの場合、極度の怖がりだったり、子犬の気分が抜けていない、甘えたな子が多い傾向があります。

そういった子がお留守番すると、待ちわびた大好きな飼い主さんの帰宅に歓喜して、いつも以上に興奮してしまい、うれしょんするというパターンになります。


叱らないことが大切です

理由はどうであれ、突然おもらしされてしまうと、叱りたくなる気持ちはあると思います。ですが、そこはグっと堪えて、絶対に叱らないであげて下さい

うれしょんは、犬にとって「嬉しい!」「大好き!」の気持ちや、服従心の表れでもあります。人間からすると抵抗はありますが、要は挨拶のようなもの。私達だって、挨拶のつもりで握手を求めたときに、相手に怒鳴りつけられたらビックリしますよね。


また、叱られることを犬が「構ってもらえる」と学習してしまうと、飼い主さんの気を引くために、うれしょんをやめないというパターンも出てきます。
うれしょんされてしまったら、冷静に対応して「何もなかった」ように振る舞って下さいね。

正しい治し方やしつけ

dog0203 成犬になってもうれしょん行動が治らない子には、こんなしつけ方を試してみて下さい。
大切なのは、うれしょんするのを未然に防ぐこと。愛犬に「うれしょんした」という経験をさせないように気を付けてあげましょう。


とにかく興奮させない

うれしょん行動をさせないために、「興奮させない」「興奮してもすぐ鎮めること」は欠かせないポイントです。

普段から興奮しやすい性質の子は、興奮させるような高い声や、高い音を出さないように気を付けます。

甘えの気持ちからうれしょんしやすい子なら、飼い主さんが帰宅後、すぐに犬に構わないようにするのが一番効果的です。鳴いたり飛びかかってきたりすると思いますが、そこは心を鬼にして無視。静かになったところで、ただいまの挨拶をしてあげましょう。


もし興奮してしまったら?

もし犬が興奮状態になっても、こんなところに気を付けて対応します。

  • 犬が落ち着くまで、飼い主さんが冷静に落ち着いた態度でいること。
  • かまって欲しそうにアピールしてきても無視する。

犬が諦めて、だんだんと落ち着いてきたら、オスワリなどのその子にとって簡単な指示を出し、それが出来たらたくさん構ってあげます。


こうすることで、犬は「興奮してアピールすると無視される」「大人しくすると構ってもらえる」と理解するようになります。
これを何度も繰り返すことで、次第にワンちゃん自身が、自分で興奮をコントロール出来るようになりますよ。


おもらしはダメと理解させる

抱っこするとうれしょんしてしまう子の場合、おしっこをしたらすぐにワンちゃんを地面に下ろします。
撫でている時にしてしまったら、すぐに撫でるのをやめて、ワンちゃんを見ないふり。

こうして、「おもらし=良いことは起こらない」と犬に理解させましょう。これを何度か繰り返していくと、だんだんとうれしょん行動が治まってきます。

何度も繰り返して、理解してもらおう!

先ほどもお話しましたが、うれしょんしても絶対に叱らないこと。
うれしょんしそうな時には、トイレに連れて行っておしっこをさせて、上手に出来たときにたくさん褒めてあげましょう。やみくもに叱るよりも、こうして褒めた方が問題行動は治まりやすい傾向があります。

たくさん上手に褒めてあげて、愛犬に人と暮らすルールを少しずつ教えてあげて下さいね!

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でwandoをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
犬山 はる子

犬山 はる子

パピーウォーカーの経験から犬に関心を持ち、犬の問題行動やストレスケアについての知識を深める。 現在は3頭の犬と暮らし、犬が与える癒しのパワーに日々お世話になっている。