shimaichiwawa01


vol.7 避妊手術を受けたよ。(当日編)


うちのチワワのMaruが生後半年を迎えたとき、避妊手術を受けました。


実をいうと、もともとMaruに避妊手術を受けさせるつもりではなかった私。
最近は犬用の生理用品も豊富だし、年1回くらいのヒート(生理)ならなんとかなる、程度に思っていたから。

ただ、改めて避妊手術の有用性について考えると、やっぱり避妊手術を受けさせておきたい、と考えが180度変わったのでした。


ということで今回は、避妊手術を受けた愛犬チワワの手術費や、術後の経過について詳しくまとめました。
これから愛犬の避妊手術を考えている方の助けになれば、私もMaruも嬉しいです。

スポンサードリンク

避妊手術の時期は生後半年。

避妊手術を受けよう。
そう決めてすぐ、Maruの狂犬病の予防接種の為に、かかりつけの病院へ行くタイミングがあった。これが2015年の1月のこと。

予防接種のあと「避妊手術を考えているんですが」と話すと、そのまま手術日の予約まで、あっという間に話が進む。犬の手術ってこんなに早く決まるんだ…と唖然とした覚えがある。

というのも、Maruが翌月の2015年2月で生後半年を迎えて、特に持病も無く健康で、手術に適した季節だったので、避妊手術を受ける時期としては最適だったそうだ。

費用や手術を受ける病院の方針について

かかりつけの病院では、避妊手術は基本的に一泊入院になるそうだった。
(調べてみると、避妊手術でも日帰り手術が主流のようです)

最初は「日帰りでもいいんだけどなあ」と思ったが、後で話す術後のMaruの様子を見たときは「一泊入院でよかった!!」と、心底思ったのだった。


避妊手術費用はいくら?チワワの場合

手術には先立つものも勿論必要で、避妊手術にかかる費用について。
うちのチワワの避妊手術の場合、費用はこうなりました。

チワワの避妊手術費用

  • 診察料  1,000
  • 血液検査(術前)4,000
  • 犬避妊手術 35,000
  • 入院費 5,000
  • 投薬料 700
  合計 45,700円(税抜)


「思ったより高い」とも思ったのが、正直なところ。でも、こればっかりは安けりゃイイってものでもない。

あまり考えたくはないけれど、もしもの事を考えたときの「安心料」としたら、多少の金額には目を瞑れるかな、と個人的には思った。

今回、避妊手術をお願いするかかりつけの病院は、そこそこ設備が整っていて、獣医師さんも複数居るところ。
他の病院と提携していて、そこで夜間救急なども受け付けてくれるし、スタッフさんも親切だし、「ここなら安心して任せられる」と思ったのが決め手だった。


去勢や避妊手術をやたらと安くしてくれる病院の中には、術前の血液検査を省いたりすることもある…と聞いて、心配になったのが大きい。
その子が麻酔や手術自体に耐えられるかどうか、術前の血液検査で判断するのだそうだ)

術後、摘出したものや手術記録もしっかり見せてくれて、ここにお願いしてよかったなーと改めて思ったのを覚えている。

スポンサードリンク

避妊手術当日、愛犬チワワの様子

手術日の予約を取った時に、病院側から言われていたのはこの二点。

  • 手術前日は20時以降は絶食、水はOK。
  • 当日は絶食、水もダメ。

当日絶食という部分に引っかかって、そこは先生に聞いておいた。
チワワは子犬期に低血糖になりやすいと聞いていたので、絶食なんてしたら低血糖になるんじゃ…と心配になったので。

先生の回答は「そんなに心配しなくても、生後半年なら大丈夫」とのことで。朝に病院へ預ける予定だったので、それ以降はきちんと様子をみるので安心してください、と言ってもらえてホっとした。

お腹が空き過ぎて吐いてしまう子もいるが、かわいそう!と思ってフードを与えないように。麻酔中、胃の内容物が逆流して、気管が塞がれてしまう恐れがあります。この日ばかりは、心を鬼に!

病院へ連れて行く前に、まっさらなお腹を記念撮影しておいた。

IMG_5646
[このお腹に、これからメスを入れるのか…と思うとやっぱり切ない。]


血液検査~避妊手術開始まで

わたしの雰囲気を察したのか、待合室ではキャリーから身を乗り出して、隣の人に笑われるくらいプルプルと震えていたMaru。
おまえ、そんな調子で大丈夫か。これから手術なんだぞ。…と思った。

血液検査をして、そのまま問題が無ければ昼一番で手術。しばしMaruとお別れ。

まずは手術前の血液検査をしてから、手術可能かどうか判断することになる。血液検査でNGになる子もいるそうで、手術前には病院から電話が掛かってくることになっていた。


Maruは特に血液検査で問題もなく、「避妊手術に進みます」とお昼頃に電話があった。

それから待つこと数時間…。
夕方に「無事に手術が終わりました」「Maruちゃん、きちんと麻酔から目覚めましたよ」という電話がくるまで、緊張しっぱなしだった。


手術後の様子と、手術内容の説明

麻酔がもう少し醒めて、頭がはっきりしてくる頃(19時頃)に、今日手術の様子の説明と、面会に行くことに。

まだボーッとしているようで、反応が鈍い様子。
名前を呼んでみても、聞こえているのかいないのか微妙な感じ。

IMG_5654
[とにかくぼーっとしている。]

担当の獣医師さんによると、Maruは同じチワワの子に比べて子宮が小さかったらしい。

手術記録にも開始直後には「子宮見つからず」とはっきり書かれていて驚き。その後きちんと見つかり、摘出されたのだけども…。ちなみに、Maruは極小まではいかないが、ちょっと小柄な体格だった。

抜いてもらった乳歯と一緒に、摘出された子宮も見せてもらえた。ほんと「ちっさ!!」と声に出たくらい、小さい。女性の爪くらいの大きさしかなくて、そりゃ見つけにくいわと納得した。


痛みと戦うチワワっ子

獣医師さんと話している間、Maruがのろのろと立ち上がって、寝る体制を変えようとしたところ…どこか痛んだのか「キャンッッ!!!」と今まで聞いたことのない声で鳴いた。

DSC_2867
[お腹を切ったんだから、そりゃ痛いよね。]

一緒に面会に行った夫は、その様子で一気に青ざめて「かわいそう…うう、つらい…」と憔悴していた。
(男性は痛みに弱いって、本当なのかも。夫が特にそうなのかも知れませんが)

術後の一泊入院は個人的に安心

手術当日はこんな様子だったので、最初は怪訝に思った「一泊入院」も、逆にありがたく感じることになった。この状態のMaruを連れて帰るのは、私的にかなり不安がある。

ビビりな私と夫なので、同じく心配性の飼い主さんは、一泊させてくれる病院を選ぶのもいいかも知れない。

ということで…チワワっ子の避妊手術はとりあえず、無事終了。ああ、よかった。
(次回→ 避妊手術後の様子。役立ったアイテムと、医療ミス?な疑い。

スポンサードリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でwandoをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
まるまむ

まるまむ

初めて迎えた愛犬チワワのMaruと暮らしながら、犬の幸せについて日々考えている。 愛犬の肉球の香りが、世界で一番癒される香りらしい。