dog296 犬のごはんを手作り食にすると、カルシウムが不足しやすいという話を聞くことがある。

ドッグフードから手作り食に切り替えたMaruのごはんには、煮干し(塩分不使用のもの)とゴマを粉末にしたものや、野菜でもカルシウム含有量が多いとされる小松菜を使ったり、色々と工夫はしているものの…「不足しやすい」と聞くと、やっぱり不安になってくるものです。
調べてみると、犬の手作り食に「卵殻パウダー」でカルシウムを補うという手があるそうだ。

愛犬の手作り食を始めて、カルシウムの量に困る飼い主さんは多いらしい。
私もそうだったのだけど、結局は卵殻パウダーを自作することで落ち着きました。与えない時もあるけど、やはり手元にあると安心です。

ということで、今回は犬とカルシウム補給について。
愛犬のカルシウム必要量や、卵殻パウダーの作り方についてまとめました。

スポンサードリンク

手作り食は愛犬のカルシウム必要量に気を付けて!

最適な量は諸説あるものの、一般的な犬のカルシウム必要量は体重1kgあたり120mg

体重5kgの犬で、約550mgほど。
ちなみに、成人男性のカルシウム必要量は約600mgなので、いかに犬がカルシウムを必要としているかがよく分かる。
もちろん個体差はあるが、犬は人間の約14倍のカルシウムを必要としているのだとか。


カルシウムとリン

愛犬の手作り食を始めてみて、ややこしいなあと思ったのが、栄養素が他の栄養素の吸収を邪魔すること。例えばカルシウムは、リンによって吸収が阻害されてしまう

このリンは肉類に多く含まれている。手作り食の貴重なタンパク源は肉類なので、安易に減らすのも難しい。そうなると、与えるカルシウムの量を増やすしかないのだけども…

dog327
理想的なリンとカルシウムの割合は、リン1:カルシウム1.2~1.4 程度。

鶏のささみは100gでリンが220㎎も含まれるので、この場合のカルシウムの理想量は330mg~。例えばこれを牛乳で補給するとなると、400ccは必要な計算になる。

ただ、人間であれば「牛乳をたくさん飲もう!チーズや煮干し食べよう!」で何とかなりそうだけど、犬だとそうもいかないわけです。


カルシウムの吸収率に気を付けよう

もう少し説明すると、カルシウムは含有食材によってカルシウムの種類が異なり、吸収率が変わってくる。

吸収率が良い順に並べると、こんな感じ。
  1. 乳製品 50%
  2. 小魚類 30%
  3. 卵殻パウダー 25%
  4. 野菜類 18%
カルシウムが多いとされる野菜でも、牛乳に比べると吸収率が格段に低い。
成長期に牛乳、は正しかったのだなあ(´~`)

スポンサードリンク

犬のカルシウム補給に卵殻パウダー!

ということで、一般的な食材だけで必要なカルシウム量を満たすのは、少々難しい様子。
愛犬はチワワという超小型犬なこともあって、安直に「たくさん食べさせる」のも物理的に難しいし…。

犬用のカルシウムサプリもあるそうだが、それに頼り始めると無くなった時に困るので、調べた結果に落ち着いたのが、卵の殻を砕いて作る卵殻パウダー
作るのは大変だけど、カルシウムが豊富だし、何より材料がはっきりしているので与えていて安心できる。

ということで、前置きが長くなりましたが私流の卵殻パウダーの作り方です。

卵殻パウダーの作り方

  • 水洗い・薄皮を剥がす

  • IMG_9764 卵殻の内側についているヌルヌルを洗い流し、内側の薄皮を剥がす。
    濡れている状態が剥がしやすいので、割ってすぐか、水に浸けておくのがおすすめ。

  • 一定量までこの状態で溜めておく

  • IMG_9753 水分を拭き取り、冷蔵庫に保存しておくと安心。
    めやすとして、卵1個分の卵殻で小さじ1杯の卵殻パウダーができます。

  • 茹でて煮沸消毒
  • IMG_9754 鍋にお湯を沸騰させて、卵殻を入れて5分ほど茹でる。
    口に入る物なので、しっかり煮沸消毒しておきたいところ。

  • 乾燥させる

  • IMG_9755 キッチンペーパーに取り、よく乾燥させる。
    自然乾燥でも良いし、時間がなければ電子レンジで短時間加熱するのもアリ。(その場合は焦げに注意しよう)

  • すり潰す

  • IMG_9756 すり鉢があればそれで根気良くすり潰す。コーヒーミルがあればそれも使えます。
    ミルサーがあれば、数秒で粉砕できて便利。ふりかけを作る為だけに買ったミルサーだけど、犬ごはんを作るのにミルサーは何かと役立ちます。

  • 茶こしで漉す

  • IMG_9759 すり潰したパウダーを茶こしで漉す。すると、まだ破片の大きな卵殻が混じっているのがよく分かるはず。
    初期はこの工程を省略してMaruに与えていたけど、ウンチに卵殻が混じっているのを発見してからは真面目にやってます。

    茶こしに残った破片をまた砕いて、漉して…を繰り返すと、なめらかな卵殻パウダーが完成!

卵殻パウダーは、作ってから冷蔵庫で1ヶ月は保存できる。
砕く前に卵殻をしっかり乾燥させることで、カビ防止になります。


過剰なカルシウム摂取に注意

卵殻パウダーをたくさん与えると、Maruの場合はうんちに白いものがツブツブと混じったり、全体的に白っぽくなったことがあった。
人間の赤ちゃんでも、吸収されないカルシウムが粒状になってウンチに混じることがあるらしい。粒々したものや色が気になる場合は、与える量を少し減らして様子をみてみよう。

また、過剰にカルシウムを摂らせると、便の水分が少なくカチカチになる。便秘の原因にもなるので、あげすぎは禁物です。

酢でカルシウムの吸収率を上げる!

カルシウムの吸収率を上げる一番簡単な方法は、お酢と一緒に与えること。
お酢といえば、のミツカンさんのサイトにもこんな記載があった。

カルシウムは現代の日本人がどうしても不足しがちな栄養素です。
お酢の主成分である酢酸には、そのカルシウムを体内に吸収しやすくする働きがあることが科学的に証明されています。

卵殻パウダーにお酢を加えると、しゅわしゅわ~と泡立つのが分かる。
これは、卵殻が炭酸カルシウムから酢酸カルシウムになっている証。酢酸カルシウムは、炭酸カルシウムよりも体内での吸収率が良い。

とは言っても、お酢を入れ過ぎると食べてくれないので、多くても小さじ1杯程度まで。おまじない感覚で、毎食与えています。

手作り食を続けるために、各栄養素のバランスや配分は、常に頭の隅で考えておきたいもの。
個人的には、これも愛犬の手作り食を作る醍醐味だと思っているけれど、大変だし面倒臭いときも勿論あります。

でも、作ったごはんを美味しそうにガツガツ食べて食べてくれる姿を見ると…。やっぱり手作り食っていいなあ、と感じるのでした。

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でwandoをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
まるまむ

まるまむ

初めて迎えた愛犬チワワのMaruと暮らしながら、犬の幸せについて日々考えている。 愛犬の肉球の香りが、世界で一番癒される香りらしい。